2019年度の3年ゼミナール選考用レポートについて

ゼミ選考レポートとして、以下の2つの課題を提出してください。

(1)エントリーシート

次の項目をA4用紙2枚に記入してください。書式は自由。なお、それぞれの項目について必ず記入する必要はありますが、項目ごとの分量は自由です。自分が強調したい部分に分量を割いて下さい。レポートはゼミテンも読みます。ファイル名は「ES_学籍番号氏名」としてください。例えば、「ES_4199888x国立太郎」。

  • 氏名(ふりがな)
  • 学籍番号
  • 所属するクラブ・サークル(学外も含む)
  • ゼミを志望する理由とゼミで学びたいこと
  • 大学に入ってから履修した授業のうち、最も熱心に取り組んだ授業とあなたがそれから得たもの(私が担当していた授業は除いて下さい)
  • あなたがどのような考えで履修科目を組み立て、どのような科目を履修してきたか
  • あなたが大学入学後におこなってきた学業、留学、課外活動、ボランティア、アルバイトなどの経験のうち、自分にとって重要だったものについて、どのように取り組み、そして何を得たか
  • 今後の留学予定の有無。留学予定がある場合は開始時期と行先。希望の進路(進学か就職か、就職の場合、現時点での希望の職種や業種)
  • 統計ソフトの利用経験。利用経験がある場合、ソフトの名前とどのように利用していたか
  • 3/28(木)の9:00~17:00で都合の悪い時間帯がある場合はその時間帯

(2)エッセイ

岩本(2015)は「世論調査とは何だろうか、という問いに端を発し、ここまで検証を進めてきました。私の結論を一言で表すと“武器”です。」と書いています。このことについてあなたの考えたことをA4で1ページ以内で書いてください。冒頭にタイトル、次に学籍番号と氏名を記入してください。それ以外の書式は自由。ファイル名は「世論課題_学籍番号氏名」としてください。このレポートは、私だけが読みます。

岩本裕. (2015). 世論調査とは何だろうか. 岩波書店岩波新書.

2019年度の3年ゼミナール選考について

募集の概要

 2019年度の3年ゼミナールは、主ゼミと副ゼミの募集を行います。主ゼミは、社会学部の3年生が対象です。副ゼミは、新4年生で社会心理の大学院進学を希望する学生のみ受け入れます。
 選考過程は主ゼミ・副ゼミ共通です。レポートと面接により選考します。

選考の流れ

レポートの提出

3月24日(日)23時59分までにtetsuro.inaba[at]r.hit-u.ac.jp([at]を@に変更)宛にwordもしくはpdfのファイルで提出してください。受け取ったら2日以内に返信します。レポートの内容については「2019年度3年ゼミナール提出レポートについて」を参照してください。

面接時間の連絡

3月26日(火)までに面接の場所と時間を連絡します。連絡がない場合はレポートを受け取っていないということですので、連絡をください。

面接

面接は3月28日(木)に実施します。面接時間は15~20分ほどです。ゼミテンと教員で面接をします。面接では最初に2~3分ほどでゼミの志望理由について話してもらいます。普段着でどうぞ。

選考結果の発表

3月28日(木)20:00をめどにCELS(旧Mercas)に掲示します。

質問

 選考に関する質問は、tetsuro.inaba[at]r.hit-u.ac.jp([at]を@に変更)へ。

期限切れの警告

2019年2月16日現在で、SAS OnDemand for Academicsにアクセスすると、以下のような警告が出ます。

WARNING: システムは、今から 43 日後の 3月 31, 2019 に失効します。SAS System はこの以降は機能しなくなります。SAS インストール担当者に連絡して、SETINIT 情報を含む、更新された SID (SAS Installation Data) ファイルを入手してください。

これは、SASに最初にアクセスしたときに出てくる画面の右側にあるNoticesに「Please ignore the expiration warning in SAS Studio. 」とあるので、無視してもいいようです。

カテゴリー: SAS

全角スペースでエラー

SASのプログラムで全角スペースを使っていると以下のようなエラーが出ます。

「ERROR 217-322: 無効なステートメントです。開始文字が印刷できない文字です(16進: E38080E38080)。」

ラベルをつけたりすると、全角にすることがあるので、入ってしまうようです。全角のスペースはわかりにくいの気をつけましょう。コメント部分で全角を使うのは問題ありません。

カテゴリー: SAS